人気ブログランキング |

和紙の原料

和紙の原料
「楮(こうぞ)の皮」

晩秋に刈り上げた、原木から蒸して皮を剥き乾かして保存していたものを再度水に戻します。
そして、表面を削ります。
表面を削ると、鹿皮(表面の茶色い皮)や繊維では無い部分を削り綺麗にします。

○作業終了後に工房で夜な夜な

f0207329_8305167.jpg
○たまには、家で夜な夜な

f0207329_2014152.jpg
私は、一人でやっているので手が足りない為普段は3月末頃から雪晒しするのですが
今回は小国和紙生産組合の今井宏明さんから雪晒しの事を聞いて実験的に・・・
・雪晒し前に水に漬けておいて皮に十分水分を含ませる。
・氷点下で晒すと皮が凍り膨張して細胞膜を壊して色素が抜けやすいかも。

何事もやってみないと解らないので、ここは少しでもと思い晒して見る事に。

○夜だけ皮引きの為、軒先で保存
f0207329_20292863.jpg
○左から一日ごとの束(上部は少し漂泊している)
f0207329_20294322.jpg
○晒す前に水分補給で水に漬けておく。
f0207329_20295166.jpg
○並べ作業中
f0207329_20300414.jpg
○雪晒し夜風景
f0207329_08082134.jpg
f0207329_08090094.jpg
この後、夜に雪が降り、楮は消えてしまいました。
とりあえず、雪の中で眠ってもらいました。

月曜日辺りに晴れて来るみたいなので、とりあえず晴れ間を待ちます。

by kikan-mitsuhiro | 2014-02-21 20:11 | 伊沢和紙の事 | Comments(0)

新潟県十日町市の山の中で伊沢(いさわ)和紙を漉いている職人です。自然での生活や活動を、徒然とブログ更新します。


by kikan-mitsuhiro